MENU

ポケットwifiで通信速度が低下した場合の対処術

パソコンやその他のwifi通信機能を持ったデジタル機器で、どこでもネット通信を可能にするのがポケットwifiです。
ポケットwifiはwifiルーターの機能を持つと共に、基地局との無線通信を可能にする機能を持っています。

 

そのため光ケーブルなどの通信回線が利用できない場所でも、インターネットへと接続し通信サービスを利用できます。
このポケットwifiがあれば、自宅などに縛られることなく外出時でもネットショッピングやウェブサイトの閲覧に使えます。

 

通信速度も十分にあって、ストレスなくインターネットが利用できるのが便利です。
ただし状況によっては、本来は高速な無線通信が可能なポケットwifiでも、通信速度が低下したり接続が頻繁に切れるといった現象があります。

 

まず疑うのが、通信速度制限の対象になっていないかどうかです。
一度に大量のデータ通信を行うと、速度制限のペナルティ対象になる可能性があります。

 

 

もしこのような速度制限の心当たりがない場合には、今度は無線の通信環境に原因がある可能性が考えられます。
例えば、ポケットwifiが通信接続している基地局が込み合っている場合、通信速度が低下します。

 

多くの人が集まる場所では他の通信サービス利用者たちも基地局と通信を行っている可能性が高く、設備の処理速度が限界に近付き速度が低下してしまいます。
あるいは、近くに存在する他のwifi機器と電波干渉を起越しているのが原因の場合もあります。

 

偶然同じチャンネルの設定を利用していた場合、互いに干渉を起こし通信がうまくいきません。
そのような状況の対処法としては、ポケットwifiの設定を見直すと通信速度が復活したり接続が切れにくくなります。