MENU

ポケットwifiの選択肢は増えています

ポケットwifiといえば、旧イーモバイルが販売していた3G回線を利用した持ち運べるモバイルルーターでした。
しかし、現在多くの通信キャリアから販売されているモバイルwifiルーターは、通称ポケットwifiと呼ばれています。

 

現在のポケットwifiは、LTE回線を利用した大容量電池パック内蔵で最大10台同時接続可能な端末が多く出回っています。
最大通信速度も100Mbps程度のものから225Mbpsまで様々です。

 

携帯電話の周波数を利用しているため、同じキャリアの携帯電話が繋がる場所であればそのままデータ通信可能です。
スマートフォンのテザリング機能では、長時間に渡るデータ通信を行うと本体が熱くなるなどの問題がありますが、ポケットwifiならデータ通信専用設計がされているため安定した利用が可能です。

 

固定通信回線の代わりに利用している人も多いですが、月間通信容量として7GBを超えた通信に対しては速度制限がかかる契約が一般的です。
2GB単位で追加料金を支払えば速度制限を解除可能となり、必要な分だけ購入して利用可能なスタイルを採用しています。

 

ポケットwifiの通信方式としてWimax2+を利用したものが販売されています。
LTEに比べて通信可能エリアが狭いものの月間通信容量に制限を設けないプランが7GB制限プラン以外にも登場しており、自由に選択可能です。

 

回線を極端に圧迫する使い方を防ぐため、直近3日間に3GB以上の通信を行うと6Mbps前後の速度に制限が行われるようになりましたが、標準画質動画は普通に観られる程度のため一部のハードユーザー以外はあまり気にならない速度となります。
Wimax2+を利用したポケットwifiでは、機種により最大通信速度が110Mbpsと220Mbpsに分かれるので機種選びに注意が必要です。